美容の未来のために、学びと調査・研究を

美容サロン経営を学ぶならホットペッパービューティーアカデミー

イノベーターが
見ている未来

vol.89

確固たる世界観を持ち、新しい取り組みをしている「次世代リーダー」へのインタビュー。
その取り組みと背景、そして未来についての展望をうかがいます。

LUVISM

統括マネージャー 谷黒 雄也さん (age.34)

“地方”を言い訳にしない。新潟発!
1年デビューを叶えた、集客&教育。

HOT PEPPER Beauty掲載サロンの中で、ネット予約売上・上位のサロンを表彰する「HOT PEPPER Beauty AWARD」にて、6年連続GOLD Prizeを受賞している新潟県のヘアサロン「LUVISM(ラヴィズム)」。その快挙を支えているのは、美容部門の統括マネージャーとして店舗の運営管理を担当する谷黒さんの存在だ。“地方サロンならでは”の戦略とは?

谷黒雄也(たにぐろゆうや)さん:1988年、新潟県出身。新潟県内のヘアサロンを経て、2013年にヘアサロン「LUVISM」の立ち上げメンバーとして参画。現在は「LUVISM」グループの統括マネージャー/株式会社WONEの美容部門マネージャーとしてヘアサロン6・アイラッシュサロン7・エステサロン2・ネイルサロン1・フィットネスジム1の計17店舗を担当。

・HP
https://luvism.jp/

・谷黒さん登壇/アカデミー動画セミナー「HOT PEPPER Beauty 攻略テク!」
https://hba.beauty.hotpepper.jp/e-lecture/20220831/

第1章HOT PEPPER BeautyAWARD 6年連続GOLDの集客力

「自分が言いたいことではなく
お客さまに刺さる言葉を発信」

谷黒さんは新潟県のご出身ですが、最初にお勤めになったサロンも地元ですか?

そうです。いまも新潟を拠点にしていますが、新卒で入社したのも地元のヘアサロンでした。そこで5年ほど働いた頃、美容師仲間から「LUVISM」のオープニングメンバーとして一緒にやらないか、と誘われたんです。働いていた店舗もすごく好きでしたが、新店舗の立ち上げに関わってみたくなり、転職をすることに…。

それから9年、現在は統括マネージャーとして美容サロン運営を任されているとのことですが?

PL(損益計算書)も見ますし、採用や人事、広告など、全体的に関わっています。担当店舗数は、ヘアサロン6店舗をはじめネイル、アイラッシュ、フィットネスジムなど計17店舗ですね。

運営会社である「株式会社WONE」は、いまやトータルビューティー企業といった印象ですが、もとは美容系ではなかったんですよね。

弊社の社長は柔道整復師で、整骨院の経営からスタートして。そこから介護福祉系、飲食などにも手を広げてきました。

ヘアサロンがまだ4店舗だったときにコロナ禍になって。2020年の頭くらいでしょうか、ヘア以外の他事業の利益があまり出ない状態に…。

2019年くらいから僕は店舗拡大のためにプレイヤーから一歩身を引いて、ヘアサロンを新たに2店舗ほど立ち上げて。それがうまくいっていたので、ほかの事業の経営体質も改善できるんじゃないかと思うようになり、「やってみていいですか」と社長に伝えたんです。それで売上を伸ばして、利益を増やしていき、赤字だった店舗を黒字化させました。

HOT PEPPER Beauty AWARDでの6年連続GOLD Prize受賞も、谷黒さんの統括マネージャーとしての成果と言えます。そこまで集客できている秘訣は?

いちばんは「他者視点を取り入れている」こと。当初は、オープンに対する意気込みが強くて、自分が伝えたい想いばかり先行していました。でも、お客さまが知りたいのは、そこではない。

たとえば「スタイル写真」ひとつとっても、スタイリストは凝った作品を上げたくなりがちですが、そういったニッチなスタイルを求めているお客さまは少ないですよね?また、「アップする数」が重要であることも。そういったことを分析しては、改善を繰り返していきました。

確実に効果もついてきたので、「他者視点」「エンドユーザー(=お客さま)視点」は、今も大切にしていますね。

123
業界TOPインタビューの記事一覧へ

おすすめの記事

注目の動画

連載記事ARTICLE

受付中のセミナーSEMINAR

動画ランキングMOVIE

ホットペッパービューティーアカデミーに
会員登録をして、
美容サロン経営に役立つ動画
を見よう!