アカデミー活用サロン事例

成長しているサロンが
始めたこと

サロン課題に応じたラインナップをそろえた、ホットペッパービューティーアカデミーの講座。
受講後、課題解決に向けた取り組みを始めたサロンの事例をご紹介します。

vol.16Plants HAIR SALON by GEORGE 元住吉店(神奈川県川崎市)

スタッフの個性を伸ばすサポート体制をとり
オープンから1年半、右肩上がりの売上増!

元住吉駅前商店街のアットホームな雰囲気とはガラリと変わり、扉の奥にNYブルックリンスタイルのしゃれた空間が広がる「Plants HAIR SALON」。2015年12月のオープン以来、メンズ、レディス、キッズまで、幅広いお客さまに愛されています。系列店舗のスクールサロンという側面も持つサロンでは、若手スタイリストが低価格帯で腕をふるっています。店長の笠井さんはスタッフの成長をバックアップするためアカデミー講座を受講。学びを活かして現在までにサロンで行った取り組みや、感じている手応えをうかがいました。

当初のサロンのお悩み

若手スタッフにより多くを学んでもらうためには何をすべき…?

 地域密着型サロンでは、年齢も性別もさまざまなお客さまへの対応力が求められる。また都心のトップサロンのようにファッション感度の高いお客さまに対する経験値は積み重ねにくい面もある。まだ経験の少ない若手スタッフが働くサロンにおいて、与えられた環境で最大限に成長してもらうには、店長として何をすべきだろう?

参考になった講座

スタッフと店が変わる 店長の意識改革

 スタッフもイキイキと働き、継続して結果を出し続ける店長と、そうではない店長には、どのような違いがあるのだろう?当講座では、ケーススタディやワークを中心にしながら、店長として持つべき意識やスタンスについて考えていく。また自分自身にどういった特徴があるのか、セルフチェックも行いながら、スタッフにとっても、お客さまにとっても、よりよい店長になるための原理原則を伝授する。

この講座の開催エリア・日程はコチラ

スタッフが納得・理解する 効果的な「話し方」

 何度も伝えているのに、どうも思ったようにスタッフに伝わらない、行動に結びつかない…。それは、「伝えている」つもりが「伝わっていない」ことが原因かも。サロン全体で取り組みを行いたい、悩んでいるスタッフに気づきを与えたい、自分の大切にしている思いを伝えたい…といった大事な局面では、きちんと伝わる効果的な話し方を知っていることが大切だ。自分の話し方のクセを振り返りつつ、相手が納得・理解する「話し方」の技術を学んでいこう。

この講座の開催エリア・日程はコチラ

始めた取り組み

その1自分の特徴を認識したことで、必要な打ち手が明確に。

受講して得た学びや気づきはありましたか?

 「店長の意識改革」講座では、自分の考え方の特徴を探るワークや、店長に必要な意識についての説明がありました。僕は売上至上主義的な傾向があって、そのためにお客さまによりよい技術を提供しなくてはならないし、スタッフにもがんばってもらいたいと考えていました。でも必要なことはそれだけじゃない、ほかにも意識すべきことがあると気づいたんです。

具体的にはどんな取り組みを行ったのでしょう。

 「顧客志向」「達成志向」など仕事する際に必要な意識はさまざまあり、どんな考え方を重視しているかは人によって異なります。だからまずはスタッフの意識を、個人面談で探ることに。現状についてや店に対する希望、自分が理想とする将来像について話を聞いています。面談の頻度は最低でも月1回。これはスタッフの状況に応じて変えていて、こまめなフォローが必要ならば週1回ということもあります。

面接で聞く内容は代表・笠井さんが事前にPCで整理。スタッフには回答を準備してもらわず、その場で答えてもらうスタイルをとっている

みんなの要望を探ったのち、どんなサポートをしているのですか?

 店長として「やりたいことをやらせたい」と思っているので、できる限りサポートしています。たとえばうちの系列グループではボランティア活動も行っていて、興味があるスタッフには社会福祉施設だったりカンボジアの孤児院でのカットを経験させています。スタイリストとして自分の外見も磨きたいという子には、撮影のヘアメイクを担当している僕の経験を活かして、アドバイスをしたり。仕事を離れても同僚との仲を深めたい、レクリエーションの機会がほしいという話から、BBQを開催したりもしています。

集客状況や目標といった事前に決めた質問事項のほか、個人面談では個々のスタッフが話したがっている内容を引き出して最近の興味関心を探っている。サロンの方針など店舗運営全体に関することは全体ミーティングで話し合う

スタッフの方の反応は?

 みんなの働く姿勢が前向きになったと感じています。個人面談を通じて自分の理想像と現状のギャップをスタッフ自身が認識し、また僕はギャップを埋めるためのアドバイスもしているため、目標に向けてみんなが行動するようになり、着実に成長しているとも思います。
 結果的にはオープン以降、サロン売上は右肩上がりの成長を続けることができています。また、レクリエーションを通じてスタッフの仲間意識が向上したためか、退職率も減少。店の雰囲気が合わないから、と辞める人がいなくなりました。

シックにまとめられた店内のインテリアはスタッフたちのDIYだそう!みんなでアイデアを出しながら形にすると、店への愛着や仲間意識のアップにもつながる

その2「伝え方」を意識して、面談や接客のスキルがUP。

どんな取り組みをしたか、教えてください。

 「効果的な『話し方』」の講座での学びを活かして、ゆっくりと話す、間を開ける、なぜこの話をしているのか理由も話す…といった「伝え方」を意識的にするようにしました。

その取り組みを始めて、変化はありましたか?

 面談をするときも、何のためにこれをするのかって伝えたり、話し方を工夫することで、スタッフへの浸透度がよくなったと感じます。また、話し方のせいか、僕の意識の変化のためか、お客さまにも「雰囲気が柔らかくなったね」と言っていただくようになりました。

NextChallenge!

 都内のサロンで経験を積んだ僕たち幹部スタッフと、うちのサロンしか知らない若手スタッフとの間には経験の差があると感じていました。それをどう埋めてあげたらいいんだろうということから講座を受講して、その学びをサロンのみんなで取り組んでいます。個人の意識の強化はできてきたので、今後はその継続と、チームとしての強み作りをするのが目標の一つです。
 スタッフたちの美容師としての価値向上も目標。これからの高齢化社会にともない、働く期間も長くなるでしょう。20代のいまのうちにいろいろ学べる環境を与え、末永く働ける美容師になってもらいたい。また、9月にはここのサロンとはタイプの異なる、プレミアムクラスのサロンを銀座にオープン予定です。僕がそうしたサロンで働く姿を見せ、こんな将来の選択肢もあるんだと伝えることも自分の役割かなと考えています。

代表・笠井 智博さん

スタッフと店が変わる 店長の意識改革

スタッフが納得・理解する 効果的な「話し方」

編集・取材・文
大西智与
撮影
森若匡

※掲載されている情報は2017年08月24日現在のものです

Salon Data

Plants HAIR SALON by GEORGE 元住吉店【プランツヘアサロン】

アクセス
東急東横線元住吉駅から徒歩3分
創業年
2015年
設備
5席
スタッフ数
5名
URL
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000341252/

全ての記事の一覧へ