ママのままで美容師に戻れる?復職準備 素朴な疑問Q&A 美容師への復職を思い立ったときに気になるあれこれについて、専門家や先輩ママなどに答えてもらいました!

連載ショートストーリー

  • マーコ

    マーコ

    4年間スタイリストとして活躍し、妊娠を機に退職。現在は専業主婦。31歳。IT企業に勤める夫と、2歳の長女と幸せに暮らしつつ、美容師に戻りたい気持ちが高まってきている。

  • マーコの夫

    マーコの夫

    マーコとは専門学校時代の同級生。元美容師。結婚を機に家族との時間をつくるために転職。IT企業で営業をしており収入はそこそこ。家族が一番大事な「気持ちはイクメン」。

  • マーコの長女

    マーコの長女

    2歳。元美容師夫婦の娘だけあって、キラキラしたものやキレイなものが大好き。ママに髪をかわいくしてもらうのが何よりうれしい。夢はパパのお嫁さんになること。

Question

育児と仕事の両立は大変そう。
専業主婦をしていた自分に
ちゃんとできるのかな?

カテゴリ:

私たちがアドバイス!

子育ての専門家

両立は大変であたりまえ。でもママは成長しているから大丈夫!

チャイルド・ファミリーコンサルタント
山本直美さん
NPO法人子育て学協会会長
幼児教育プログラムの開発、子育ての専門家「チャイルド・ファミリーコンサルタント」の育成など、保育者・親子向けに幅広く活躍中

育児と仕事の両立が大変かと聞かれれば、大変です。でも子育て自体も大変ですよね。気持ちに余裕をもって子育てできているママなんてほとんどいないのではないでしょうか。みんな同じなんです。だからこそ、両立には「不測の事態を予測する」ことが大事なのです。
その最たるものが、子どもが急に熱を出したときです。大事なのは夫婦の連携。保育園から連絡が入ったらどう動くか、パパと相談しておきましょう。夫婦とも仕事で動けない場合もあるので、夫以外に夫婦の両親や、ベビーシッターなどの第三者を想定しておくことも大事です。
また、職場にも「子どもがまだ小さいので早退することもあるかもしれない」と状況を伝えて、その場合にどのようにサロン内で対応してもらえるかを、事前に相談しておくといいですね。
そのくらいの準備をしておけば、あとは何とかなります。不安かもしれませんが、子育てする前よりもみなさんは確実に成長しているので大丈夫です。ご自身に自覚はないかもしれませんが、子どもと日々接している経験から、忍耐力、タイムマネジメント、集中力、人へ的確に指示を出せる力、人を認めてやさしく接する力、自分の失敗も相手の失敗も笑って許せる力、できないときは人を頼れる力など、とてもたくさんの力がついているのです。子どもが日々成長しているように、みなさんの人間力も日々上がっているので、両立が大変でも必ず乗り越えることができます。

サロンオーナー

子育てはそもそも、いろいろなことを同時にしている経験になっています

寺田健太郎さん
MOK・大阪
「ママ」であること自体を高く評価するオーナー

私はもともと、スタッフに子どもができてもずっと働いてもらいたいと思っていました。当初はただ、せっかく仲間になったのだから、長く働いてもらいたいという理由でした。しかし、一度退職したスタッフがママになって復帰してきたときに、人間力が上がっていたのを目の当たりにして「ママこそ活躍してくれる人材だ」と確信しました。
そのスタッフは、出産前よりも圧倒的に手ぎわがよくなっていたのです。ふたりの子どもを育てていたので、彼女の日常は、きっと家事や育児でいくつものことを同時にこなしてきていたのだと思います。時間の使い方がうまく、人への接し方もやわらかくなって、「マネジメントはこういう人にこそ向いている」と思いました。本人は大変かもしれませんが、そんなきりもり上手に成長して、うまく仕事と育児を両立してくれています。

寺田さんのサロンの取り組みについてもっと読む

先輩ママ美容師

常に時間に追われていて日々大変。周囲の助けでなんとかやっています!

LUKE free勤務
石黒真由さん
ブランク1年・愛知

私は現在シングルマザーなので、フルタイム勤務しながら、家ではひとりで子育てしなければなりません。だから日々時間に追われていて、生活全部が大変です。それでも、経済的な理由以外にも、自分を必要とされている実感を得られるこの仕事を続けられることがうれしいです。
両立のための工夫としては、美容師は朝に比較的余裕があるので、出勤前に夕食の支度や掃除などをすることです。また、サロンは幸い平日が定休日なので、子どもを保育園に預けて1週間分の買い物をしたり、ふだんできない細かい掃除などができます。
また、うちのサロンはオーナーのおかげでスタッフが協力的で、私の接客が長引いたときなどに、保育園のお迎えに行ってくれていました。スタッフに甘えてばかりいられないので、フルタイム勤務の現在は、有料ですがお迎えにファミリーサポートセンターを利用しています。仲間や公的な制度など、さまざまな助けを借りて、両立できています。

石黒さんの1日のタイムテーブルはこちら

石黒さんの体験談をもっと読む

現在、募集中のサロンを見てみる